SSブログ

女子バレー 中国の強さの秘密 [スポーツ]

熱戦が続く女子バレーですが、
やはりと言いますか中国の強さが目立ちますね。

日本との試合後にインタビューにて中国の郎平監督は

「今日の試合は特にレシーブを重視していた」

「比較的楽に戦うことができた」

「今日は難しい状況に対応する準備をしっかりしてきた。日本は守りがいいうえ、観客の応援もすごい。だから、難しい時こそ心を静めて試合に集中するようにした」

と語っています。



■中国チームの「女子バレー精神」

中国の女子バレーには「女子バレー精神」
というものがあって、つらくとも苦しくても
訓練や練習にのぞみ粘って勝つ!
というものです。

いろんな意味で熱量がすごいですね。

日本が熱量低いなんて言いませんが、
環境というか国の雰囲気が関わることって
ありますよね。



中国女子バレーが強くなっていったきっかけは、
なんと日本にあります。

いわゆる「東洋の魔女」と呼ばれた1964年の
東京オリンピックにおける日本女子バレーの
活躍を見た中国がそれに影響を受けて
自国の強化を目指したのがきっかけです。

バレーは高身長が圧倒的有利で
欧米のチームにアジア系チームが勝つのは
難しいとされていたところに
日本の活躍があったので中国も
「うちもできるんじゃないか?」と
奮い立ったのではないでしょうか。
完全に私の仮説ですが^^;


中国は当時の日本監督の大松博文氏を
1か月間指導者に向かえてバレーの
基礎から真髄までを学び取ったと言います。

中国の熱意もそうですが
大松さんも素晴らしいですね。

きっと中国の本気度が伝わったんですね。



その後の中国はさらにテクニックを磨きつつ、
「高さ」も手に入れていきます。

80年代には今の形ができあがり、
日本由来のち密さと、高さを兼ね備えた
高いバランスでまとまった
無敵のチームができあがっていくのです。


日本の中田監督いわく
「強くて高くて速くて洗練されたチーム」

日本も世界6位に入るので強豪ではあるのですが、
さらに上位のチームとの差はまだ広いようですね。


<関連記事>
女子バレーワールドカップ 日本がセルビアに逆転勝ち!
日本女子バレー監督 中田久美の思うところ


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。